マンガで見る失敗しない家造りのポイントメインイメージ
トップページ > マンガで見る失敗しない家造りのポイント
土地購入時の注意点 その2

土地と道路の関係にもご注意を!

コミック土地購入時の注意点 その2

都市計画区域内の土地では、幅4m以上の道路に2m以上接していなければ、建築物の敷地として認められません。これを「接道義務」といいます。
しかし、実際には道路の幅員(道路の幅)が4m未満も多くあるため、建築基準法では、幅員4m未満の道路でも、特定行政庁(市町村長または都道府県知事)が指定したものについては、建築基準法上の道路として扱うことにしています。これを一般に「2項道路」または「みなし道路」と呼んでいます。
2項道路に面する敷地に建物を建てる場合は、原則として道路の中心線から2m後退させた線を道路と敷地の境界線として取り扱うことになっています。
道路中心線から2m以内の部分は自分の敷地でも敷地面積に入れずに、建ぺい率や容積率の計算を行うことになります。これを「敷地のセットバック」といいます。
他にも、周辺状況によって敷地の境界線が変わることもあるのでご注意ください。

バックナンバー

土地購入時の注意点 その1

土地代以外に隠れた費用が…!

コミック土地購入時の注意点 その1

土地を購入する際、不動産広告などではついつい土地代ばかりに目がいきがちですが、その土地固有の特性によっては予想以外の費用が発生してしまう場合があります。例えば、道路との高低差が1m以上ある場合、プランにもよりますが擁壁工事などの費用が想像以上にかかる場合もあります。
また、インフラ(上下水道・電気・ガスなど)が敷地内に引き込まれていない場合は別途引込み工事が必要になりますし、軟弱地盤であれば基礎補強工事が必要となります。こうした工事は、土地固有の特性を調査してみないと分からないこともありますし、他にも法的制限や道路問題など確認しておくべきことがたくさんあります。
気に入った土地が見つかったら、まずは家づくりの専門家にご相談されることをオススメします。