Ai-COSS 導入事例

注文住宅建築

営業先行型のビジネスモデルが
成長のスピードを生んでいる

  • H社(東京都)
  • 社員:22名
  • 資本金:1000万円

東京都中野区を拠点に活動するH社様
戸建住宅ディベロッパーの設計部門から2006年に独立
営業・設計を担当する取締役 注文住宅部門長のN様と施工部門 部門長のT様に導入までの経緯や感想を伺いました

最初に当社との契約を聞いた際の印象を教えてください。

最初に話を聞いた時は正直抵抗がありました。
単にシステムを導入するということではなく、オペレーションや仕組みの導入だったので、すごく悩みました。
FCへの加盟を検討した時期もありましたが、デザインや商品で制限があったりしますよね。
アイコスの契約は、業務提携型で設計やデザインの自由度があるのが良かったです。
また、同じ志を持った会社同士、一緒にやっていこうというスタンスに共感を感じました。

アイ工務店に関して「営業先行型のビジネスモデル」が成長のスピードを生んでいる、と強く感じました。特に、売価と原価の考え方、営業と建築担当の役割分担に衝撃を受けましたね。
システムは、それを実現するためのツール(プレミアと基幹業務システム)だな、と。

システムのデモを見ていただいた際の印象はいかがでしたか?

基幹業務システムを見た時は、複雑そうで慣れが必要だなと思いました。
当初は抵抗感の方が強かったです。
数回に渡って説明を聞くほど、関心はどんどん強くなっていきました。
アイ工務店の仕組みを理解しようと聞いているうちに、ナルホド!と思う事がたくさん発見出来ました。
でも、それを自分たちで作りあげようとしたら、たくさんの時間と労力が必要になりますよね?
業務提携により、それを手にする事が出来るのは大きいですね。

プレミア(営業が使う営業プレゼン・積算システム)を実際に使ってみた感想をお聞かせください。

一言で表現すると、「感覚入力」という言葉がしっくりきます。営業は毎日いじってますよ。
実はCADを使いこなすスタッフが一番抵抗を感じたみたいです。先入観が邪魔していたんですかね?
CADは数値の入力がスタートなんですが、プレミアは逆なんです。間取り先行なんですよね。
営業シーンではお客様に伝える事が重要で、ミリ単位に拘る必要は無いんです。
数値入力等の細かい作業はプラン確定後に行えば良い。
そういう意味で、CADで育ってない営業が使うからこそ、本当の武器になるのかもしれませんね。

実際にアイコスシステムを導入していただいた感想は、いかがでしょうか?

ルールや仕組み、考え方を見直す良い機会になりました。
例えば、「注文住宅なので何でも好きな商品を使えますよ」ってお客様に説明していたんです。
商品を選べる自由度は高くなりますが、原価担当は電卓やパソコンと睨めっこの毎日です。
「建具ならこのメーカー」ってある程度特定することで、精密な売価設定が出来るので、プレミアの営業見積り機能が活きてくるんですよね。
そうすることで、営業先行型のビジネスモデルが成り立つんだなと勉強になりました。
他にも色々な”衝撃”や”葛藤”がありましたが、これまで理解していたこと、”常識”を変えていかないといけないんだなと思いました。
今後、発注のフローや仕組みも変わってくるので、監督の手間・工数の削減にも期待してます。

無料オンラインセミナー情報

「工務店業績アップ」に関する、無料オンラインセミナーを開催。弊社の歩んできた基軸と成功事例をご紹介、解説する、即実践的な内容です。下記より参加ご登録いただけます。

  • 建築系システム開発及び販売会社様の参加はお断りさせていただきます。
  • 総合住宅展示場に出展されている住宅会社様の参加はお断りさせていただきます。
  • 加盟されているFCによってはお断りさせていただく場合がございます。
2022.05.27(金)13:30~14:30

ENTRY
2022.06.03(金)13:30~14:30

ENTRY
2022.06.10(金)13:30~14:30

ENTRY
2022.06.17(金)13:30~14:30

ENTRY

経営者向け 無料個別導入相談会

Ai-COSSについて個別にじっくり話を聞きたい、というご要望にお応えして、個別相談会も実施しております。
ご希望の日時、形式(対面、オンライン)等をお知らせください。なお、個別相談会の後、ご希望によって導入企業のお話を聞く機会(有料)をご用意させていただくことも可能です。

経営者向け 無料個別導入相談会
  • 資料請求
  • お問い合わせ