ウチらしく、アイらしく アイ工務店オフィシャルブログ

気密測定

こんにちは登美ヶ丘展示場のイチです
最近 昼夜の温度差がありすぎて体調管理をしないと風邪をひいてしまいますね
さて本日 奈良県大和郡山市で建築中のロードサイド展示場で気密測定を行いました

気密測定とは家にどのくらいの隙間があるか調べる事で
C値という数値で表され低ければ低いほど良いのです
ちなみにアイ工務店の家はC値を0.5㎠/㎡以下の目標設定しています
本日の測定結果ですが、目標数値以下で良い数値が出ました

以前は住宅の性能を示す指標として
次世代省エネルギー基準で地域ごとにC値の基準値が定められていました
1999年時点で基準とされていたC値は 北海道と東北の一部地域で2.0
その他の地域では5.0とされており
この値よりもC値が小さければ高気密の家であると言えたのです
例えば、100㎡の家のC値が2.0の場合。家全体の隙間面積は、200㎠
およそ、14㎝×14㎝の正方形ほどの隙間が空いているということになります

このことから考えるとアイ工務店の家はすごく気密性能の高い家だとお分かりですね

話は少し脱線しますが、次世代省エネ基準、ZEH基準、HEAT20基準など
家の性能を示す基準がたくさんありますが
全てにおいてC値は必要項目に入っていません
断熱、日射、太陽光、冷暖房設備・・・とあるのに、気密の文字はどこにもない
実に不思議ですよね?

各社、高気密高断熱住宅とPRしておきながら、C値の基準がない
個人的な推測ですが、大手ハウスメーカーへの配慮ではないでしょうか
また、省エネ基準においては、1999年基準ではC値は項目に含まれていたのに
2013年基準では削除されるという、魔訶不思議な現象が起きました
C値は重要ではない!という専門家は皆無なのに、
省エネ基準からは削除されるというこの業界の闇です

話を戻しますがロードサイド展示場は4月末にオープン予定をしています
詳しい内容や
本日の数値をお知りになられたい方は下記までお問合せ下さいね

電話 0742-53-1123
アイ工務店 登美ヶ丘展示場

拠点一覧