会社が成長していてポジションもある、
刺激的な環境に魅力を感じました。

古屋 海人

KAITO FURUYA

2017年新卒入社

Q アイ工務店への入社を決めた理由は?

A

子どもの頃から剣道をやっていた私は負けず嫌いなところがあって、仕事も、入社1年目から一人でいろいろできて、自分の力を正当に評価してほしいと思っていました。だから、企業研究で重視したのは、成果主義かどうか。その中でも、アイ工務店は会社が成長していて、ポジションもたくさんあるという点が魅力でした。加えて、面接などの場面で、人事担当者だけでなく、直接、営業の役職者と話ができたことも大きかったです。上の人との距離が近い上に、枠にとらわれずにいろいろチャレンジできるのではないか。そう思えたことが、アイ工務店への入社を決めた理由です。

古屋 海人サムネイル画像

展示場を清潔に保つことも営業の仕事

Q 入社後、どのように仕事を覚えていきましたか?

A

まず、研修を受けて、それから各営業所で実践という流れです。とはいえ、いきなり一人で営業をすることはできないので、最初は、上司や先輩の仕事を手伝い、その中から少しずつ任せてもらえることが増えていきました。成果主義ではありますが、決して個人プレーという感じではなく、支店や営業所が持つ数字を皆で目指していくという感じです。ですから、一人で営業に出るようになってからも、難しい場面では上司が商談に同席してくれますし、営業所は人数も少ないので、皆が私の様子を気にかけ、見てくれます。「誰でも調子のいい時もあれば悪い時もあるので、皆で助け合おう」という雰囲気の会社です。

古屋 海人サムネイル画像

初来場のお客様に展示場の特徴をご説明

Q 住宅営業の面白さ、やりがいは何ですか?

A

当初、住宅営業は自分からどんどん攻めていくというイメージを持っていたのですが、実際、やってみると、まずはお客様の考えや希望を聞くところから始まる仕事でした。そして、提案を重ね、お客様が持つ問題を解決して家が完成する。そんな経緯があるからこそ、初めてご契約いただいたお客様の家が完成したときは、私自身が「本当に建った!」と感激していました。しかも、お客様が「ありがとう」と言ってくださる。その時、感謝される仕事ってすごいなと、素直に思いました。そんなうれしいゴールがある上に、会社はそれを評価してくれる。だから、次も頑張ろうと思えます。

古屋 海人サムネイル画像

お客様との打ち合わせを重ねてプランを構築

Q 今までで一番、つらかったことは何ですか?

A

1年目に2棟の契約を頂いた後、数カ月、契約なしという状態が続いたことです。同期やまわりの人がどんどん契約を結ぶのを見て、ずっと焦っていたのですが、その時、上司が言ってくれたのが、「焦らなくていい。今は勉強の段階だから」という言葉。これで気が楽になりました。今考えると、その時は、お客様と深く関わって話をする勇気がなかったのだと思います。お客様は、間取りや見積もりだけで決めるのではない。そのお客様の持つ希望や悩みを理解し、それに応えられる提案をすることが私の役割だと思えるようになってからは、常に、そのお客様にとって一番いい提案って何だろうということを考えるようになりました。

古屋 海人サムネイル画像

事務所では集中して書類などを作成

Q 就活生へのメッセージをお願いします。

A

個人的には、目標を持って頑張れる人と一緒に働きたいなと思います。私の今の目標は、営業スタッフをまとめる所長になること。私が上のポジションを目指すのは、いろいろなことができるようになりたい、やりたいと思っているからです。アイ工務店は、個人の裁量に任せてくれることが多い会社なので、自分でここは頑張ろうと思って少し遅くまで仕事をすることもあれば、早めに切り上げることもできるなど、勤務時間も自分でコントロールできます。こうした環境は、会社の規模は関係ありません。就職活動をしている人は、ぜひ、自分のやりたいことができる会社、自分が求める環境のある会社を見つけてください。

古屋 海人サムネイル画像

一番いい提案を追い求めて試行錯誤することも

COMMENT

上司からのコメント

川畑 友哉サムネイル画像

川畑 友哉

つらい経験をした彼は、人も育てられる

彼は、なかなか契約が取れず、無駄に気を使って委縮していた時期もありましたが、お客様にとって一生の買い物である注文住宅の営業は、お客様に踏み込み、お手伝いすることがたくさんあるのだということがわかってからトンネルを抜けたように思います。そんな彼だからこそ、この先、後輩を助け、育てることができるはず。マネジメント領域でも大いに期待しています。

住宅営業とは、幸せづくりをする仕事

家を建てるとは、生活の基盤をつくることです。そんな大切なところを託していただくのですから、私たちは、中途半端な態度で営業に臨んでいてはいけません。お客様のことをとことん考えて、ご提案して、もうやることがなくなった時、初めてご契約をいただける。私自身がそれを体験してきたからこそ、若手社員にもそれを理解し、実践してほしいと思います。

素直に人の話が聞ける謙虚さが、その人の財産をつくる

アイ工務店が成長しているのは、成果主義ではありますが、皆が助け合っているからだと思います。皆、本当にポジティブで、頑張ろうとしている人にはとことん手を貸す会社なのです。だから、これから入ってくる人には、素直に人の話が聞ける謙虚さを持っていてほしいと思います。話が聞ける人のところには、その人の財産となる情報も縁も集まってきて、仕事もうまくいきますから。

ENTRY

応募する

説明会等の参加予約は
下記より受け付けています。

ENTRY